【Q&A】子どもの片付け

  

こんにちは。
池袋のルームスタイリスト・プロ & 整理収納アドバイザー
小林 由未子です。

のぞいてくださってありがとうございます^^



ご質問をいただきましたのでお答えいたします
ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ


Q.私は片付けが好きなのですが
小学生の子どもが片付けられなくて困っています。

どうやったら片づけられるようになってくれるのでしょうか?

私が片付けたほうが早いのでやってしまいたいのですが
やっぱりダメでしょうか?

お片づけを教えるポイントがあれば教えてください?

b0310812_21395990.jpg
A.ご質問ありがとうございます^^
お子さまが片付けてくれなくてお困りなんですね。

大人がさくっと片付けてしまえれば楽ですもんね♪
さささーっとやってしまて
広々スッキリ空間で遊ばせてあげたい♪
そんな優しい親心を感じます^^

けれどやっぱり、親が全部やってしまうよりも
子どもにできるようになってもらったほうが良いと
お思いなんですよね。

教えてあげることは時間がかかるし大変ですが
ぜひ、これもコミュニケーションだと思って
一緒にがんばってみてください^^



ただ、
まず初めにおことわりしなければならないのは
私にはまだ子どもがいない、ということ。

なので、正直親の気持ちというのは
想像でしかわかりませんし
具体的なお悩みを同じように感じることができません。


そのかわり
まだまだ「子ども側」の気持ちを忘れていませんので(笑)
子どもの目線でお片付けのポイントをご紹介させてください。

どうぞご了承いただけましたら
お読みいただければ幸いです。





お母さんはお片付けが好きということですので
きっとお片付けの方法については
ご自身のやり方やお考えがあると思います。

ここでは、お片づけの手順については省いて
子どもに教えるときの心構えを
子ども目線でお答えさせていただきますね。


***



1、どうして片づけるのか?教えてほしい!!

私が子どものころ
大人に対して大きな不満を持っていた
2つのことがあります。


一つ目は「なぜそれをするのか」を教えてもらえないこと。


子どもにも自我があります。
子どもにも信念があります。
子どもにも考えがあります。


けれど、それを伝える言葉をまだよく知らないから
思い通りにならないことに
小さな不満や怒りを積もらせて
ぐずったり駄々をこねたりしてしまうんです。


ちゃんと納得のいく理由とやり方を教えてもらえれば
お片づけぐらいできます。

「片付けて」じゃなくて
「ここに置くとリビングが広くなって遊びやすい」とか
「ここに戻しておくとお母さんに訊かなくても自分ですぐ見つけられる」とか
なるほど、それもそうだ、と思えるように
説明してもらえれば納得させてもらえれば
自分からやります。


お片づけをする前でも、しながらでも、した後でも構いません。
どうして片づけるのか
ちゃんと説明してあげてください。
その上で、やり方を教えてあげてください。




2、片づけられた時に喜んでほしい!

私が子どもの頃持っていたもう一つの不満は
「あなたのために」の押し売りをされることでした。


私は、お母さんが私のために何かしてくれることよりも
お母さんのために自分が何かできたことの方が
自分が自分のためにやったことでお母さんが喜んでくれた方が
とってもとっても嬉しかったです。


「あなたのために」という自己犠牲的な言い方は
反抗心を生みます。


だから、
あなたの将来のために片づけを知ってほしいの、ではなく
あなたが片付けられてお母さんはとっても嬉しい!と、
「私は嬉しい!」と喜んであげて欲しいんです。



ただ、ここで注意していただきたいのが
「喜ばれるから片付ける」
というだけにならないこと。

あくまでも
片づけたら子ども自身にとって良いことがある
ということを理解してもらってからです。


「褒める」という点でも同じです。
褒められるから片付ける、
という風にならないように気を付けてくださいね。


自分もうれしいし、お母さんもうれしい
そんな心地よい雰囲気の中でお片付けができたらいいですよね^^




3、判断を否定しないでほしい

意外と子どものほうが判断が早かったりしませんか?

「そんなのホントに要るの?」
「えーそれ捨てちゃうの!?」

…この子、ちゃんと考えてるのかしら?と
不安になることがあるかもしれません。

けれど、失敗も経験!
子どもの片づけは子どもの判断に任せましょう♪

お母さんが「え…」ってなると
子どもも「え…」ってなります。
「もうっうるさいなぁ」ってなりますw



「ほんとにそれ要るの?」と思ったら
責めるのではなく純粋な疑問として
どうしてそれが好きなのか訊いてみてはいかがでしょう?
あのねあのね♪と嬉しそうに話してくれるかもしれません。


「それ捨てちゃうの!?」と思ったら
子どものモノとしてでなく
自分のモノとしてそっとしまっておいてはいかがでしょうか?
お母さんにとっての宝物かもしれないし
時が来れば、確かに要らなかったんだなとわかるかもしれません。

子ども自身がが、捨てるんじゃなかった(><)と思ったとしても
それは、まぁ、自分の判断ですから。
そのとき多少はぐずっても
ちゃんとお片づけの大切さについてお話しておけば
自己責任で納得してくれます。

不安だったら、子どもに残させるのではなくて
お母さんがもっていてあげてくださいね^^




***




いかがでしょうか?


子どもとしての私の考えなので
「なにいってんのよ」「そんなことないでしょう…」
と思われることもあるかもしれません。


ただ、小学校に入る前の私は
こんなふうに思ってたなぁ
こんなことでイライラしたり怒ったりしていたなぁ
ということを思い出しながら書かせていただきました。
リアルな声ですw


もし、どこか共感していただける部分があれば
参考にしていただけたらとても嬉しいです^^







≪ サービスメニュー ≫


資格認定講座

072.gif 整理収納アドバイザー2級認定講座
072.gif ルームスタイリスト2級認定講座
   2015627日(土)10:00~17:00豊島区 受付中
   2015725日(土)10:00~17:00豊島区 受付中

072.gif ルームスタイリスト1級認定講座


その他の講座

072.gif ルームスタイリスト入門講座
072.gif お片付けの基本講座


個別サービス

072.gif お片づけとおへやを楽しむ個別相談



小林由未子プロフィール


☆ご不明点・ご質問・講座リクエストなども☆
☆どうぞお気軽にお問い合わせください☆
お問い合わせはこちらから


あなたにお会いできるのを楽しみにしています^^









みなさま素敵なインテリアや収納でやる気が出ます!
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ インテリア・収納住まいとくらし







 
[PR]
by chigayado | 2015-06-03 14:54 | 模様替え&お片付け【考え方】


小林由未子です。おへやはあなたの宝箱☆まだ見ぬ財宝を見つける旅は、おへや探検から^^


by chigayado

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

072.gif ルームスタイリスト
       2級認定講座
◆リクエスト受付中◆
  → 詳細



072.gif 整理収納アドバイザー
       2級認定講座
◆リクエスト受付中◆
  → 詳細

カテゴリ

全体
模様替え&お片付け【考え方】
模様替え&お片付け【我が家】
模様替え&お片付け【お客様実例】
片付け本比較
モノ。
占い
日常
学び&道具&出会い
◆整理収納アドバイザー
◆ルームスタイリスト
◆講座日程・最新情報
◆講座風景・ご感想
□ごあいさつ
□プライバシーポリシー
□ホームページ
□お問い合わせ
□特定商取引法に関する表示

検索

ブログジャンル

インテリア・収納
住まいとくらし

最新の記事

10/16(日)「魅せる収納..
at 2016-10-28 17:33
恥を、さらしますよっ!
at 2016-10-19 22:08
インスタやってます(><)
at 2016-06-22 21:27
6/8(水)文京区「リサイク..
at 2016-06-18 10:35
二子玉川プレミアムママフェスタ☆
at 2016-06-16 19:44

その他のジャンル

ファン

画像一覧